ライフジャケット,ライフベスト,救命胴衣,子供用ライフジャケット,救命器具,自動膨張ライフジャケット,国土交通省認定救命胴衣,防災グッズ
O K

ホーム > ニュース > 釣りニュース > 竿の種類と運用方纏め...

竿の種類と運用方纏め

竿の選び方について
竿は、どんな魚を釣りたいか?どんな釣りをしたいか?
で必要となる種類や長さなどが決まってきます。
狙う魚や釣り方が決まっているのであれば、迷うことなく専用の竿を選べばいいでしょう。
狙う魚や釣り方は特に決まってなくて、とりあえず1本の竿で海釣りを楽しみたいといった場合は、
ルアーロッドや万能竿と呼ばれるタイプの竿がおすすめです。ウキ、チョイ投げ、サビキ、探り、
ルアーなど様々な釣りに対応できます。最初はそれで色々釣りをしてみて、使い勝手が悪く感じる
ようになったら専用の竿を検討するとよいでしょう。
磯竿
磯や防波堤釣りでは定番の竿。ウキ釣り、サビキ釣り、カゴ釣りなどに使われます。
長さは、磯やテトラ帯での釣りでは5.3mが標準。防波堤など足場のよい釣り場で
あれば4.5m程度の短めの長さが使い勝手がいいでしょう。

磯竿の号数は、その竿に最も合ったハリスの太さを表しています。


投げ竿               
仕掛けを遠投するための竿。釣り場が波止場の場合、長さ1.8~3m、オモリ負荷10~15号
程度のチョイ投げ向けのものを。砂浜から遠投する場合は、長さは4m前後、オモリ25号あ
たりが扱えるものが標準となります。

投げ竿の号数は、その竿に対応できるオモリの号数を表しています。
 
ルアーロッド
ルアーフィッシング用の竿。シーバスやエギングに使う竿はこのタイプ。ルアー以外にも
チョイ投げやサビキ釣りなどにも使えるので使い勝手がよい竿といえます。シーバス用で
あれば9ftのMLクラス、メバルやアジなどの小物狙いであれば7ftのULクラスが一般的。
                                                                                                      (エイソン救生設備有限公司)

ヘチ竿
ヘチ釣り用の竿。リールはタイコリールを装着する。落とし込み、
ヘチ際を探っていく釣り方に特化した竿なので他の用途には向いてません。


のべ竿(手竿)
海釣りではアジ、メバル、ハゼ、ウミタナゴなどの小物釣りに使えます。
種類は、渓流竿、へら竿、ハエ竿など。長さは、防波堤メインであれば4.5~5.4m程度、
浅場で足下のハゼを狙うような釣りであれば2~3m程度のものが使いやすいでしょう。
                                                                             (エイソン救生設備有限公司)

竿の操作と仕掛けの投入方法

仕掛けの投入は絡み、エサ落ちなどのトラブルを避けるために、
きちんと修得しておきたい技術です。どんなにしっかりとした仕掛けでも、
絡まってしまっては魚にエサが届きません。

タスキ振りを覚えよう
タスキ振りは背後に障害物があってオーバーキャストが使えない釣り場でも行なえます。
わりと飛距離も出る投入法だといえます。周囲に多くの釣り人がいて混雑している釣り場でも、
スムーズに投入することができます。

1.リールのベールを起こして、リールの足を中指と薬指の間で握り、
人差し指に道糸を掛けます。竿を上方やや斜めに構えます。

 
2.竿に道糸が絡みついていないことを確認して振りかぶり、ハリスを
持っている手を離します。衣類や手にハリが掛からないように注意します。

3.仕掛けが後方に行ったことを確認して、竿を前方に振りおろします。
サオが頭上を越したときに、人差し指に掛けているリールの道糸を離します。

4.仕掛けが着水するまで竿の角度を保ったままにします。着水寸前に人差し指
でリールの道糸を軽く押さえ、道糸の出るのをセーブします(これを「サミング」といいます)。
着水後は穂先を海面近くまで下げます。
                                                               (エイソン救生設備有限公司)

 サミングを覚えよう
ウキが着水する直前にスプールに軽く人差し指を当てて、道糸の出るのをストップさせます。
ブレーキをかけることで仕掛けが前方で一直線になります。
 
◎着水後、仕掛けを手前に引くと仕掛けが一直線になり、なじみが良くなります。


仕掛けの種類

 万能竿
良く言えば万能、悪く言えば中途半端。ウキ釣り、チョイ投げ釣り、
サビキ釣りなど万能に使用できる竿。初心者にオススメのエントリーモデルが多く、
お手頃な価格帯のものが揃っています。一応何にでも対応できるので初心者にとって心強い竿です。

長さ・強さ共に様々なものが有りますが、一般的に力がない人は短め・柔らかめで。何でも釣れるものを、
という人は、5m弱の磯竿風のものを選ぶと良いといわれています。不意な大物でも対応できる様、
少し良い竿がオススメです。

投げ竿 (砂浜や堤防での投げ釣り用)

砂浜や防波堤などで、オモリが付いた仕掛けを遠くに飛ばしたり、仕掛け糸を調整したりできる竿。
丈夫なものも多く一年を通して楽しめるので、人気があります。

200m近く飛ばす人もいて、遠投(キャスティング)の技術を競う競技会もあります。遠投に特化し
た高価な投げ竿でなければ、万能竿の様に使うこともできます。(エイソン救生設備有限公司)

磯竿 (堤防や筏での釣り用)

投げ竿より長めで、5m前後のものが主流です。海の上層や中層を泳いでいる魚を磯や防波堤から
釣るための竿のこと。遠投には不向きですが、仕掛けや魚との細かなやり取りがしやすいといわれ
ています。竿の硬さを1~5の数字で表わしていて、数字が小さいほど柔らかです。

船竿 (船つり用)

船の上から大物を狙うときに使います。頑丈で2~3mくらいの短めのものが主流です。

ちょい釣りセット

リールや仕掛けがセットになったビギナー用のセット。あとはエサだけ買えば釣りが楽しめます。
耐久性・操作性に難有り。2m少々と短いものが多く、慣れてくると使いづらくなってきます。

延べ竿

ガイドが無く、リールを取り付けない(継ぎ竿でない)一本竿。竿。小さな魚を釣るウキ釣りや
サビキ釣りに使用しやすい。延べ竿(のべ竿)とは本来一本からなるガイドが無くリールを使わない
竿の事を言う。
                                                                                                                (エイソン救生設備有限公司)

ヘチ竿

防波堤などのヘチ(防波堤・波止場の真下)にエサを落とし込んで釣る為の竿。
主にキビレを狙いますが、メバルやアイナメなども釣ることができます。

 

その他、特定ターゲット狙いの専用竿などたくさんの種類があります。どんな釣りをしたいかが
決まってきたら、ぜひこれらの竿にもトライしてみて下さい。


仕掛けについて

一本鈎仕掛け
鈎針が1本だけついた仕掛けのこと。キビレやスズキ・メバルなどを狙うこともできます。
この鉤・ハリスも対象魚の大きさに合わせて適切に組み合わせる必要があります。


投げ釣り仕掛け

キス・カレイ・アイナメなど砂地の海底でいる魚を狙う際に使用する仕掛けのこと。

銅付き仕掛け

船釣りでよく使用される仕掛けです。狙いたい魚に合わせて選びましょう。
ハゲ専用・メバル専用と分かりやすく販売しています。

サビキ仕掛け

一般的にアジやイワシあどを狙って釣る仕掛けです。鈎の大きさが小さいと
マメアジもよく釣ることができます。
魚の成長に合わせて鈎の大きさを替えてやるといいでしょう。

ルアー仕掛け

活き餌を使わず、エサの格好に似せて作った疑似餌を使って釣る仕掛けです。
カマス・スズキ・タチウオなどの肉食魚がよくヒットします。アオリイカなどを釣る際は「エギ」と
呼ばれる疑似餌で釣ります。 


                      情報はネットから指摘、権利を侵害があるならば、ご連絡してください!


 
自分のブランド救命胴衣を販売したいなら、どうぞご連絡を!

          エイソンは特化した工場為、よりプロだ!