ライフジャケット,ライフベスト,救命胴衣,子供用ライフジャケット,救命器具,自動膨張ライフジャケット,国土交通省認定救命胴衣,防災グッズ
O K

ホーム > ニュース > 釣りニュース > 夜釣りで堤防釣りでの魅力・注意点と仕掛ける時のポイントについて...

夜釣りで堤防釣りでの魅力・注意点と仕掛ける時のポイントについて

 



夜釣りに出かけるときには様々な魅力
注意点と、

仕掛ける際のポイントがいくつかあります。

昼間の海では考える必要が無いことを考えておく

必要があるのです。

また、ターゲットに出来る魚も違ってくるのです。

このように、大きな違いがあるので、その点について紹介していき、

いざ出かけるときに参考にしてもらえればと思います。

スポンサーリンク


夜釣りの魅力

夜釣りには昼間には出会えない魚と

出会うことが出来るかもしれないのです。

具体的にはスズキ、マチヌ(黒鯛)、キビレチヌ、

ウナギ、マゴチ、鱧などです。

また、昼間に比べて人もそれほど多くないので

釣りに集中できる環境にもあります。

釣りは基本的にはマナーのいいひとが多いのですが、

中には悪い人もいます。

ですが、夜釣りは比較的静かで、魚もあまりにげたりしません。 

夜釣りの注意点

夜の海は何が起きるかわからないので、

絶対に一人でいってはいけないのです。

必ず二人以上で行くように心がけましょう。

また、連れた魚を安易に触れてはいけません。

必ずライトで照らし、確認して触るようにしましょう。

ゴンズイなどの魚のヒレに触らないことです。

スポンサーリンク

夜釣りの仕掛けのポイント

まず、夜釣りの仕掛けはシンプルにするべきです。

昼釣りのような仕掛けをしていて夜釣りでつることが

出来るのかというと勿論、釣れます。

 

しかし、夜釣りは糸の絡みのトラブルが多いので、

糸トラブルに注意しましょう。

 

色々な小物をつけた仕掛けをトライするのはいいのですが、

糸トラブルの元なので、慣れない間はシンプルな仕掛けで、

慣れたらアレンジした仕掛けに移行しましょう。

 

夜は海の魚は意外と浅い水位まで浮いてきているのです。

もし、昼間の時間帯であればウキ下まで昼間ならウキ下を

深くして釣るためどうしても誘導式の仕掛けになり、

 

カラマン棒やウキ止め糸、シモリ玉やクッションゴムなど色々と

付いてるものなのですが、夜釣りの場合は思いもよらぬ所まで

 

浮いてきてる場合もあり、ウキ下を浅くすることで固定ウキ仕掛けが

可能になってくるのです。

夜釣りで狙う魚

ここでは、夜釣りでおすすめする魚をご紹介します。

地域や時期によっても異なってきますが、

狙いやすい魚の特徴を書いてみました。

アナゴ

アナゴは夜行性の魚であり、夜釣りで釣りやすい

魚の代表格です。

また、アナゴは足元まで寄ってくるので意外と簡単に釣れたりもします。

時期としては6月~9月頃までです。

 

竿のサイズはそれほど引きが強いわけではないので、

それほど特別なものを用意する

必要はありません。1520cmほどのものでOKです。

エサは何でもいいです。魚の切り身などでも釣れたりします。

 

スズキ

こちらも大変人気の魚で、釣りやすく

食べやすい魚です。

セイゴ→フッコ→スズキと大きくなるにつれて

呼び名が変わる出世魚です。

時期は4月~5月、10月~11月です。

スズキを釣る一番のポイントはスズキが

よく釣れている場所で釣ることです。

地元の漁師さんや釣具店の店主に

聞いてみてください。

 

メバル

メバルは漢字で「春告魚」と書き、時期は春~夏、

秋~冬にかけてシーズンが到来する魚です。

また、目がいい魚なので昼より夜に釣れやすい魚です。

さらに、穂先の硬い竿は、食い込みがあまりよくないので

おすすめできないです。

エサは一般的には海老が使われています。

纏め

夜釣りは昼釣りにはない多くの

魅力があり、楽しめます。

日中にはなかなかお目にかかれない魚、

大きな魚が釣れたりもします。

しかし、夜ということで危険が伴い、

注意を怠ってはいけません。

その点を気をつけて、楽しい釣りライフを

エンジョイしましょう。