ライフジャケット,ライフベスト,救命胴衣,子供用ライフジャケット,救命器具,自動膨張ライフジャケット,国土交通省認定救命胴衣,防災グッズ
O K

ホーム > ニュース > 釣りニュース > 船見公園水難死亡事故受けチラシ配布へ...

船見公園水難死亡事故受けチラシ配布へ

  上越市中央4の船見公園の西側海岸で同市内の中学生(13)がおぼれ死亡した事故を受けて上越市は2010年7月22日、この海岸で水難事故への注意を呼びかけるチラシを8月中旬の海水浴シーズンが終わるまで毎日配布するなどの対策を決めた。海岸で遊んでいる時は安全のためにライフジャケットを着用してください。

20100722tirasi1s1_w

 船見公園周辺の海岸は、遊泳禁止とはなっていないが、監視員のいる海水浴場でもない。過去10年でこの場所での水難事故死者は5人目となる。

 今回の死亡事故を受けて県と市は、消波ブロック付近の水深の深い部分や流れの速い地点を示して注意を呼びかけるチラシを作成。24日から海水浴シーズンが終わる8月下旬まで毎日、このチラシを海岸で配布するほか、広報車を置いて注意を呼びかけるという。

 船見公園は1990年に県が設置し、上越市が管理している。公園にはシャワー設備もあり、無料で使えることから、多くの「海水浴客」に利用されている。正式な海水浴場ではないため、シャワー設備は市によると「砂遊びをする人が砂を流すためのもの」という。


情報はネットから指摘、権利を侵害があるならば、ご連絡してください!