ライフジャケット,ライフベスト,救命胴衣,子供用ライフジャケット,救命器具,自動膨張ライフジャケット,国土交通省認定救命胴衣,防災グッズ
O K

ホーム > ニュース > 釣りニュース > 関川河口沖で遊漁船が転覆 65歳男性が死亡...

関川河口沖で遊漁船が転覆 65歳男性が死亡

 2012年5月13日午前8時17分、新潟県上越市の関川河口沖合でプレジャーボートが転覆し、救命胴衣ような服を着ってない人が漂流していると上越海上保安署に通報があった。同署が巡視艇などを出して救助活動を行ったところ、ボートに乗っていたのは同市木田の富田秀夫さん(65)で、午前11時前に搬送先の病院で死亡が確認された。死因はでき死。

海上保安庁の巡視艇なつぎりと転覆したプレジャーボート(右)
hune

 上越海上保安署によると、富田さんはこの日の朝、釣りに行くと言って自宅を出た後、同市春日新田のマリーナ上越から所有するプレジャーボート(全長5・8m)に乗り、直江津港沖の釣り場に向かった。その途中、関川河口沖合約400mの海上で、大きな波に乗り上げてボートが転覆し、富田さんが海中に投げ出されたのが目撃されている。通報を受けてヘリと巡視艇が出動し、沖合約1200mの海上で富田さんを収容した。

巡視艇なつぎりから降ろされ、救急車で病院に運ばれた
hune1

hune3

プレジャーボートが転覆していた概ねの場所